• 東京03-5321-3111
  • 名古屋052-269-8016

 

動画マニュアル作成のコツや作成方法とは

動画マニュアル作成のコツや作成方法とは

今回は動画マニュアル作成のコツや作成方法をご紹介します。
作成方法の他にも紙と動画マニュアルの違いなど、基本的なポイントも併せて解説します。

効率化が至上命題とされる現代ではテクノロジーを積極的に使い、生産性を上げることが求められています。動画マニュアルの強みを生かして、さらなる作業品質の標準化や教育コストの削減を目指していきましょう。

目次

1. 動画マニュアルのメリット・デメリット

この章では動画マニュアルの長所と短所、そしてよく比較対象となる紙ベースのマニュアルのメリット・デメリットをご紹介します。

まずは動画マニュアルのメリットです。

動画マニュアルのメリット①:伝わりやすさがバツグン

動画マニュアルに最大のメリットは伝わりやすさにあります。
映像と音声を用いるので、紙ベースのマニュアルより受け取る情報量が多くなります。
特に操作説明では、操作を疑似体験できるため、動画マニュアルの伝わりやすさは群を抜いています。
紙ベースのマニュアルですと、残念ながら操作と操作の間が伝わりにくくなっています。
例えば、「Google検索からYahoo!のHPを開く」という操作マニュアルを想定します。このようなケースでは以下の操作マニュアルになります。

①PC操作者:Googleの検索バーに「yahoo」と打ち込み、Enterキー押下
②検索結果が表示される
③PC操作者:検索結果の一番上にある「Yahoo!JAPAN」をクリック
④Yahoo!のHPを表示

例えば①と②の間で発生する検索の待ち時間や③と④の間で画面のサイズ調整が発生するといった細かい部分が紙ベースでは伝わりません。もちろん、細かく記載することもできますが、それではマニュアルが伝えたい内容がぼやけてしまいます。

しかし、動画マニュアルでは違います。操作と操作の間も映像で見ることができるので、
アナウンスする内容以外にも情報として伝えることができます。
上記のケースで言えば、①と②の間の待ち時間も動画マニュアルと比較することで、異常があれば気づくことが可能です。
特に、新しく導入するシステム操作などは、動画による疑似体験により新システムへの不安を払しょくできます。

動画マニュアルのメリット②:記憶に残りやすい

視覚と聴覚を刺激する動画マニュアルは、紙ベースのマニュアルより記憶に残りやすいのが特徴です。
教育のコスト面を考えると、マニュアルを読む回数がより少ない方が理想的です。より記憶に定着する方が、確認の手間・工数が省け、コスト削減にもつながります。

動画マニュアルのメリット③:イメージの共有がしやすい

同じ映像から手順や内容を学習するので、利用者間でイメージの共有がしやすいというメリットがあります。イメージの共有ができるので利用者間の誤認が生じにくいので、一定の作業品質につながります。

動画マニュアルのメリット④:時間や場所を選ばずに学習ができる

スマートフォンやタブレットを使う動画マニュアルであれば、時間や場所を選ぶことはありません。移動時間やちょっとした休憩時間など、スキマ時間で学習ができる点がメリットになります。

動画マニュアルのメリット⑤:コスト削減ができる

動画マニュアルは印刷や移動代、保管料などのコストが不要です。紙ベースのマニュアルより、コストの削減が可能です。

次に、動画マニュアルのデメリットを紹介します。

動画マニュアルのデメリット①:機材や環境準備が必要

動画は視聴する媒体と環境がなければ、確認することができません。タブレットやスマートフォン、ネットワークなど、準備が必要になります。
また、準備する側にも撮影用のカメラや編集用のソフト・アプリなどのが必要です。

動画マニュアルのデメリット②:一定速度で再生されるので、見落とす可能性があり

動画はスルスルと流れてしまうので、複雑な操作手順などの情報を伝えるのに向いていません。同じ部分を再生するのも、意外に骨が折れるものです。繰り返し読む必要がある内容には、動画マニュアルは向いていません。

ここまでは動画マニュアルのメリット・デメリットをご紹介しました。ここからは紙のマニュアルにおけるメリット・デメリットをご紹介します。
まずは紙マニュアルのメリットです。

紙マニュアルのメリット①:学習スピードをコントロールできる

紙ベースのマニュアルですと、学習スピードは自分のペースで進めることができます。気になる部分や躓く部分を何度も読み直すことができ、また反対に読み飛ばすことも可能です。

紙マニュアルのメリット②:書き込みを入れることができる

紙ベースのマニュアルなら、メモを取ることができます。自分なりのコツやアドバイスなど書き込みを入れることで、より効率的に覚えることができます。

紙マニュアルのメリット③:端末や環境の準備が不要

紙ベースのマニュアルの場合、特別な準備を必要としません。その場ですぐにマニュアルを読むことができます。

2. 動画マニュアルづくりのポイントとは

前章では動画と紙ベースのマニュアルにおけるメリット・デメリットを紹介しました。この章では動画マニュアルづくりのポイントを、よくある失敗例と共にご紹介いたします。

失敗例①:手順や内容が詰め込まれ過ぎていて理解できない

最初の失敗例は情報が整理されておらず、わかりにくい動画です。動画は一定スピードで再現されるため、情報が多すぎたり、難解だったりすると視聴者の理解を超えてしまいます。情報の効果を考えず、とにかく伝えたい内容を盛り込むのはNGです。

失敗しないポイント①:マニュアルのターゲット・内容を決める

伝えるべきポイントを絞るためには、マニュアルのターゲットや内容を決めることです。
例えばターゲットを初心者に設定した場合には、手順や動作説明を厚めにするなどの対応をしましょう。反対に中級者をターゲットにした場合は、手順や動作の説明を簡略化し、注意点などを厚くしましょう。ターゲットを設定することで、自然と伝えるべき内容も決まってきます。

失敗例②:細かい規則など、あらゆるものを動画マニュアルにする

次の失敗例はあらゆるものを動画マニュアルにすることです。例えば、社内ルールや規則はゆっくり繰り返し読むべきものです。繰り返し見るという点では、動画は効率的ではありません。

失敗しないポイント②:動画に適した内容をマニュアルにする

適材適所という言葉があるとおり、動画に合った内容をマニュアルにしましょう。
繰り返し読むべき社内ルールや規則は動画には向いておらず、紙ベースのマニュアルが向いています。逆に手順や動作など、実物を見た方が理解しやすい内容は動画マニュアルにした方がよいでしょう。

失敗例③:動画の内容が分かりにくい

ストーリーが分かりにくかったり、暗くて何をしているのがわからなかったりすると、動画の信頼性が落ちて説得力に欠けてしまいます。

失敗しないポイント③:撮影環境、カメラワークなどに気を付ける

例えば、機器の操作説明の動画では、操作の内容を伝えたいために、前後の流れがわかりにくく、全体像が把握しにくい場合があります。
できあがりを意識するうえで役立つ一つの考えは「全体から詳細へ」という点です。何かの操作場面を示す場合、いきなり操作部分を映すよりも、それより前に全体を映すほうが、より分かりやすい映像となります。
また、照明や三脚の準備など撮影環境にも気を付けましょう。

失敗例④:長すぎる動画

3つ目の失敗例は長すぎる動画です。良いマニュアルのポイントとして、検索のしやすさがあげられます。動画が長すぎる場合、見たいポイントをすぐに見つけることができません。

失敗しないポイント④:動画はなるべく短くする

見たいポイントをすぐに見つけるためには、1本1本の動画を短くしましょう。1本あたり1~2分程度の動画が読者に負担をかけない時間になります。

仮に1時間の動画マニュアルだった場合、業務中に1時間を確保することは簡単ではありません。また集中力が持たないため、マニュアルとしては効率的とは言えません。
1分の動画であれば、時間の確保や集中力の問題もクリアすることができます。

動画の場合は、情報の全部盛りはNGです。ナレーションは端的に表現し、テロップはさらに簡略化し、情報過多にならないよう注意しましょう。

失敗例⑤:動画を見ないと、中身が把握できない

最後の失敗例は中身がすぐに分からないです。例えば、「機械Aのスタートについて」というタイトルでは、動画を見るまで中身が分かりません。

失敗しないポイント④:動画のタイトルで内容を連想できるようにする

動画のタイトルで、中身が連想できるようにしましょう。目次をつける際に分かりやすいタイトルにすることで、検索のしやすさがバツグンに向上します。多くの人が後から振り返ることを想定して、タイトルで中身が判別できる名称にしましょう。

3. まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は動画マニュアル作成のコツや作成方法をご紹介しました。動画マニュアルのメリット・デメリットも紹介したので、紙ベースのマニュアルと使い分けていただければと思います。

動画マニュアルは伝わりやすさにおいては、抜群の働きをします。グローバル化やリモートワークが進む現代社会において、より活躍の機会が増えていくことは間違いありません。

とはいえ、動画マニュアルのメリットは重々理解しているが、作るのは中々・・・という方も多いことでしょう。
特に通常業務と並行して、内容の作成・撮影・編集はかなりの労力が必要になります。動画マニュアル作成のプロに任せることもひとつの方法です。

ヒューマンサイエンスは1985年の創業以来、製造業やIT業界を中心に数多くの企業でマニュアルを作成してきた実績があります。ヒューマンサイエンスの特長を3つをご紹介します。

特長①:マイクロソフト、ヤフー、ソフトバンクなど大企業やを中心に豊富な実績

ヒューマンサイエンスでは215社・2854件のマニュアル作成実績を誇り、マニュアル作成に関するノウハウを有しています。「目的」「対象ユーザ」「使用シーン」「予算」をもとに、ベストな動画マニュアルを提案します。

特長②:グローバル対応

動画マニュアルのメリットとしては、見たままを伝えることができる点があげられます。そのため、言葉の通じにくい外国人などにも教育がしやすいです。
ヒューマンサイエンスでは40言語対応にしているため、動画翻訳・字幕翻訳を行い、各国に展開することもできます。

特長③:培った撮影技術

動画撮影をしたことがある方はご存知かと思いますが、想像以上に動画撮影は難しい行為になっています。カメラアングルはもちろん、照明にもコツが必要です。。2000年から20年以上培ってきた撮影技術があるので、対象に合った動画撮影が可能です。

マニュアル制作・取扱説明書制作について詳しく知りたい方

東京:03-5321-3111 
名古屋:052-269-8016

受付時間 9:30~17:00

お問い合わせ・資料請求