• 東京03-5321-3111
  • 名古屋052-269-8016
  • 言語切り替え
    • English

Some parts of this page may be machine-translated.

 

DeepL の翻訳精度は? ビジネスメールでの Google、Microsoft との比較結果

DeepL の翻訳精度は? ビジネスメールでの Google、Microsoft との比較結果

2020年3月19日に独DeepL社が提供する自動翻訳サービスが日本語と中国語に対応しました。

 

DeepLとは

DeepL翻訳は、ドイツに本社がありますDeepL社が提供する機械学習を用いた人工知能によるオンライン翻訳サービスです。
2020年にDeepL翻訳に搭載されたニューラルネットワークが大幅に改善され、他の翻訳サービスと比較してより細かいニュアンスの表現が行えるようになり、 DeepLの翻訳精度の高さが評判になっています。


DeepL翻訳が日本語と中国語を習得

https://www.deepl.com/blog/20200319.html


関連ブログ

医療翻訳でのDeepLの翻訳精度は? Google/Microsoft/Amazonとの比較結果

Google翻訳とSMT精度を比較! – 最新機械翻訳(自動翻訳)検証レポート

機械翻訳+ポストエディットの導入で生産性をどれだけ向上できるのか

機械翻訳のミスを効率的に修正 – ポストエディットの4つのポイント

 

これまでもDeepLの高い翻訳精度は海外では評判でしたが、対応言語が欧州言語に限定されていたため、日本で使用されることはほとんどありませんでした。

それが日本語に対応したことで、日本でもDeepLを試した人や、他の翻訳サービスとDeepLを比較する人が増えてきています。

Twitterやネットのニュースメディアでも取り上げられており、 DeepLとGoogle翻訳を比較し、 DeepLの方が精度が高いと評判になっています。

弊社のお客様からも「DeepLを試用したい」「業務に導入したい」という要望を頂いています。

この記事では、DeepLをビジネスメールの翻訳に利用できるかどうか、弊社で検証した結果をご紹介します。

社内で日常的に発生する翻訳として、海外拠点や海外のお客様との間でやりとりするメールが挙げられます。

そこで日本語のメールを英語に自動翻訳してDeepL、Google、Microsoft各社の翻訳精度を比較しました。

 

目次

1. DeepL の翻訳精度評価方法

2. DeepL の翻訳精度評価結果

3. DeepL のセキュリティについて

4. DeepL を利用するには?

 

 

1. DeepL の翻訳精度評価方法

弊社内のメールから100文を抽出し、以下の4段階で訳文を評価しました。人手による評価です。
・Excellent: 原文の意味が過不足無く正しく訳されている。
・Good: いくつかの単語が間違っている、または抜けているが、文の大意は正しく訳されている。
・Medium: 部分的には正しく訳されているが、文全体の意味が間違っている。
・Poor: 文全体が間違って訳されている。

 

2. DeepL の翻訳精度評価結果

1位はDeepLでした。

MT_DeepL_ja_en_20200326

訳文をほぼそのまま利用できるExcellentとGoodを合わせると、DeepLが96文、Googleが89文、Microsoftが86文と、DeepLがもっとも高いスコアとなりました。

普段の業務でメールにかける時間はかなりの割合を占めますが、DeepLを使用することで、メールの翻訳作業を大きく効率化できることが期待できます。

 

3. DeepL のセキュリティについて

DeepLの自動翻訳サービスには無料版の「DeepL翻訳」と有料版の「DeepL Pro」があります。

無料版の「DeepL翻訳」はウェブサイトから気軽に使用できますが、「DeepL翻訳」のプライバシーポリシーを確認すると「入力したテキストとその翻訳は、翻訳アルゴリズムの強化及び性能向上を目的として、一定期間保存されます」とあり、原文と訳文が別の目的に流用されることが分かります。

機密情報が含まれるメールの内容を「DeepL翻訳」で翻訳するのはセキュリティ上非常に問題があります。

有料版の「DeepL Pro」のプライバシーポリシーには「入力したテキストと訳文はサーバーに保存されることはなく、翻訳時にのみ使用されます」とあり、原文と訳文は別の目的に流用されません。

DeepLを使用して機密情報を翻訳する場合、DeepL社と「DeepL Pro」を契約して使用することがセキュリティを担保する上で必須です。

 

4. DeepL を利用するには?

前述の「DeepL Pro」を契約する以外に、「DeepL Pro」と連携した自動翻訳ツールを使用するという選択肢があります。

DeepLと連携したAI搭載の翻訳ソフト「MTrans Team(エムトランス チーム)であれば、API接続のため情報流出のリスクなく、DeepLを活用することができます。

しかも AIと翻訳メモリで「使えば使うほど賢く」なり、会社専用のデータベースを構築することが可能です。

14日間の無料トライアルで、品質と使い勝手を試してみてはいかがでしょうか?

 

AI自動翻訳ソフトMTrans Teamとは

 

関連ブログ

AI自動翻訳ソフト「MTrans Team」で翻訳業務を効率化! 「MTrans Team」の主な機能を徹底解説

自動翻訳の落とし穴「固有名詞の取り扱い方」について – MTrans Team で用語を管理!

最新の AI 自動翻訳をセキュアに導入 – MTrans Team のセキュリティ機能について

 

 

関連ブログ

DeepL自動翻訳サービスを業務に導入するには?

医療翻訳でのDeepLの翻訳精度は? Google/Microsoft/Amazonとの比較結果

 

 

 

 

 

執筆者情報

中山 雄貴ランゲージソリューション部
ローカリゼーショングループ
自動翻訳チームリーダー

  • ・15年以上にわたって翻訳、レビュー業務を担当しつつ、自動翻訳技術の開発、導入支援を行う。
  • ・お客様と社内のポストエディット案件の品質と効率を技術的に改善。
  • ・JTF翻訳祭、TCシンポジウム、AAMT、TAUS、LocWorld等、日本および海外での発表多数。
  • ・『通訳・翻訳ジャーナル』『産業翻訳パーフェクトガイド』に機械翻訳に関する記事を寄稿(いずれもイカロス出版)。

DeepL 翻訳精度検証レポート

2017年に独DeepL社がリリースした自動翻訳サービスとなるDeepL。その翻訳精度を、Google、Microsoft、Amazonと比較し検証した結果をレポートにまとめました。
ぜひ、ご覧ください。

 

 

【資料内容】

  • はじめに
  • 検証方法
  • 評価方法
  • 結果
  • DeepLの特徴
  • 訳例

など

ダウンロードはこちら

人気記事ランキング
アーカイブ
カテゴリ

翻訳について
詳しく知りたい方

東京:03-5321-3111 
名古屋:052-269-8016

受付時間 9:30~17:00

お問い合わせ・資料請求