• 東京03-5321-3111
  • 名古屋052-269-8016

 

韓国語が得意なAI翻訳「NAVER Papago」

韓国語が得意なAI翻訳「NAVER Papago」

AI翻訳サービスと言えばDeepLとGoogleが有名ですが、NAVER社のPapagoはご存じでしょうか。BTSやBlackpinkなど、K-pop関連の韓国語の記事を読むために利用したことがある人もいるかもしれません。

 

Papagoは韓国語、英語、日本語、中国語などに対応した自動翻訳サービスです。ニューラル機械翻訳の技術が使用されています。https://papago.naver.com/ で無料版が提供されており、翻訳精度を確かめることもできます(ただし、無料版に入力した情報はNAVER社が別の目的で流用する可能性があるため、機密情報は入力しないようにしてください)。




ところで、DeepL社はLinguee(https://www.linguee.com/ )という検索エンジンを提供し、Google社も同様に検索エンジン(https://www.google.com/)を提供しています。どちらの企業も、自動翻訳サービスを開発、改善するために、自社の検索エンジンで収集したデータを利用しています。高精度の自動翻訳サービスを提供する上で、検索エンジン、そしてその検索データベースを所有していることが大きな利点であることが分かります。

 

NAVER社も検索エンジンNAVER(https://www.naver.com/)を提供しています。韓国語をメイン言語とする大量のコンテンツが含まれる検索データベースを使ってPapago自動翻訳サービスを開発、改善していることは容易に想像できます。

 

しかし、翻訳業務で広く利用されている翻訳支援ツールであるSDL Trados StudioやMemsourceはPapagoに対応していません。そのため、翻訳業務をメインとする翻訳部門や翻訳会社がPapagoを利用することはできません。それでもPapagoを翻訳業務に利用したいという声はあり、弊社のお客様からもそのような要望がありました。

 

そこで、弊社の自動翻訳ソリューションであるMTrans for TradosMTrans for Memsourceが新しくPapagoに対応しました。Papagoの標準機能にはない用語集とスタイル置換(自動文字列置換)にも対応しているため、会社名や製品名の訳語を指定したり、訳文を「ですます」調に統一したりすることができ、Papago単独で使用するよりも翻訳精度が向上します。また、原文や訳文は別の目的に流用されず、機密は保持されますので、安心してPapagoの自動翻訳をご利用頂けます。

 

Papagoを翻訳業務で利用したい方はMTrans for Trados またはMTrans for Memsourceをご検討ください。無料トライアルをご利用頂けます。

 

MTrans for Memsource

https://www.science.co.jp/nmt/service/memsource.html

 

MTrans for Trados

https://www.science.co.jp/nmt/service/nmt.html

 

 

執筆者情報

中山 雄貴ランゲージソリューション部
ローカリゼーショングループ
自動翻訳チームリーダー

  • ・15年以上にわたって翻訳、レビュー業務を担当しつつ、自動翻訳技術の開発、導入支援を行う。
  • ・お客様と社内のポストエディット案件の品質と効率を技術的に改善。
  • ・JTF翻訳祭、TCシンポジウム、AAMT、TAUS、LocWorld等、日本および海外での発表多数。
  • ・『通訳・翻訳ジャーナル』『産業翻訳パーフェクトガイド』に機械翻訳に関する記事を寄稿(いずれもイカロス出版)。
人気記事ランキング
アーカイブ
カテゴリ

翻訳について
詳しく知りたい方

東京:03-5321-3111 
名古屋:052-269-8016

受付時間 9:30~17:00

お問い合わせ・資料請求