• 東京03-5321-3111
  • 名古屋052-269-8016
  • 言語切り替え
    • English

Some parts of this page may be machine-translated.

アノテーション 業種別活用シーン 自動車業界向け

自動車業界向けアノテーション代行サービス

高いセキュリティと徹底した品質管理で、
国内最大手の自動車メーカーのアノテーション業務も
手がけております。

車載カメラによる動画や、LiDAR( Light Detection And Ranging: 光による検知と測距)データを使用したアノテーションなど、幅広く対応いたします。

  • 自動運転の開発プロジェクト(2D)
    車載カメラで撮影された画像をもとに、歩行者や交通標識などさまざまな要素にバウンディングボックスを付けたり、セマンティックセグメンテーションを行ったりする作業。リアルタイムでの障害物検出などに役立てます。
  • 自動運転の開発プロジェクト(3D)
    LiDARを用いて取得されたデータに、3Dのバウンディングボックスをつけてアノテーションを行います。ADAS(Advanced Driver-Assistance Systems: 先進運転支援システム)の開発に役立てます。
  • バスの利便性向上プロジェクト
    バス車内の映像をもとに、乗客をバウンディングボックスで囲んで年代や性別などの属性を付与する作業。属性別の利用状況や混雑度を把握することにより、利用者の利便性や安全性の向上に役立てます。

翻訳・ドキュメント・アノテーション実績

ヒューマンサイエンスの特長Feature

  • プロジェクトの成功を左右する要件定義
    自動運転のAIモデル開発には様々なアノテーションの種類や方法が存在します。その利用ツールやファイル形式は千差万別です。当社ではプロジェクトマネージャーが経験と知識を活かして最適なアノテーション方法をご提案します。お客様と相談、合意の上でひとつひとつの要件を定義し、必要な作業プロセスを具体化することで、プロジェクトの成功を実現します。
  • 最新のアノテーションツールを活用
    当社では常に最新のアノテーションツールを導入して、品質のさらなる向上と安定化を実現しています。 最新のツールでは、プロジェクトの始動後にお客様側で進捗をご確認いただいたり、成果物へのレビューを行っていただくことも可能です。また、チェック機能を利用して作業漏れやよくあるミスを機械的に検知することも可能です。 アノテーターとのリアルタイムのやりとりが可能ですので、プロジェクト始動後の基準やルールの追加についても、即時の検討や周知を行うことができます。
  • オフショアでのプロジェクト運用にも対応
    自動運転のAIモデル開発には膨大な量の教師データが必要です。コストに制限のある中で最大限のデータ量を確保するために、当社ではこれまでオフショアの拠点で海外のリソースを活用してきた実績があります。一時作業からの英語対応も可能ですので、よりスムーズなプロジェクトの進行が可能です。オフショアのプロジェクトであってもお客様との認識合わせや品質管理などのマネジメントは日本で対応いたします。国内と変わらない高品質なアノテーションを低コストでご提供します。
  • 万全の情報セキュリティ
    当社で採用しているツールAnnoFabでは、ローカルのマシンにデータを保存できない仕組みを構築することができます。また、IPアドレスを制限することで作業場所を限定することも可能です。 クラウドでデータを共有する際にはAmazon S3のような安全性の高いサービスの利用や、その他お客様側で契約されているサービスの利用にも対応いたします。
  • トライアルを完了した
    当社契約のアノテーターが従事
    当社ではクラウドソーシングでの外注再委託を行わず、直接契約した信頼できるアノテーターに作業を依頼しています。クラウドソーシングの利用は一見してコストパフォーマンスが優れてみえる一方で、作業を開始してみると品質が安定せず、追加修正や検証作業で想定外のコスト超過を招いてしまうことがあります。
    当社でアノテーターを採用する際には面談とトライアルを必ず実施しています。プロジェクトの開始後も密なコミュニケーションにより注意点の共有や曖昧な点の認識合わせを徹底して行うことで、高品質なアノテーションを実現しています。

よくある質問FAQ

プロジェクトの内容に合った人材に作業してもらえるのか心配です。
ヒューマンサイエンスではプロジェクトの始動前に作業内容を検証して、その特性に合った人材をアサインしています。当社が直接契約したリソースからアサインすることで、それぞれのメンバーの適性やこれまでの経験を活かした効果的なチーム編成を実現しています。
断続的なプロジェクトなのですが、毎回参加メンバーが変わってしまうのではないかと心配です。同じプロジェクトマネージャーと作業チームに担当してもらえるでしょうか。
断続的なプロジェクトでも原則として同じメンバーが続けて作業を担当します。プロジェクトマネージャーも同様です。経験による知識やスキルの習熟を最大限に活かして、安定した品質でのプロジェクト運用を実現しています。
セキュリティ上の理由からリモートではなくオンサイトでの作業をお願いしたいです。
はい。対応いたします。ISMS基準をクリアした当社新宿オフィスのセキュリティルームの利用、お客様施設での常駐などご要望に応じて対応いたします。大規模なプロジェクトでは専用の作業施設を新たに手配した例もあります。>>実績・事例 CASE03
今まで自社で使ってきたアノテーションツールと同じものを利用して欲しいのですが。
はい。対応いたします。これまで当社で導入事例がなかったツールにも柔軟に対応いたします。VPNを利用した対応も可能です。まずはご相談ください。
オフショアのプロジェクトは作業品質が心配です。
ヒューマンサイエンスではオフショアのプロジェクトであっても、国内での進行と同様のプロジェクトマネジメントを行っています。お客様との認識合わせや品質管理は日本で対応しています。現場担当者とのコミュニケーションも、当社のプロジェクトマネージャーが英語で直接対応しています。国内生産に劣らない高品質な教師データのご提供が可能です。
実際の作業が開始してからもプロジェクトマネージャーに相談したり、コミュニケーションをとることはできますか?
はい。対応いたします。ご要望に応じてミーティングやフィードバックの機会を設けています。SlackやTeamsなどの利用も可能です。
動画から必要な部分を画像として切り出すことはできますか?
はい。対応いたします。
データクレンジングの依頼は可能ですか?
はい。対応いたします。
ヒューマンサイエンスの品質管理基準やプロジェクト管理体制について聞かせてください。
当社ではISO9001とPMBOKをベースとしたマネジメントシステムを運用しています。プロジェクト開始時の要件定義に始まり、進行中の仕様変更への対応や成果物の品質チェック、最終的なご納品、その後の振り返りまで、各フェーズごとにプロジェクトマネージャーをはじめとした関係者一同でプロジェクトレビューを実施しています。プロジェクトの始まりから終わりまで行き届いた管理体制でお客様の求める品質にお応えします。
プロジェクトの初期段階で成果物の一部を先行納品して欲しいのですが。
はい。対応いたします。早い段階で実際の成果物にレビューをいただき、作業要件の定義や解釈に齟齬がないか確認した上でその後のプロジェクトを進行いたします。プロジェクト全体の流れについては下記にもご説明があります。
>>ご納品までの流れ
作業で使用するアノテーションツールにこちらからもクラウドで同時参加することは可能でしょうか。
はい。可能です。お客様用のアカウントを発行して、プロジェクトの進行中に進捗確認やフィードバックをいただくことができます。プロジェクトマネージャーや作業担当者とのリアルタイムのやりとりが可能です。

お問い合わせContact

お問い合わせ・無料トライアル

TOP