ENTRY
INTERVIEW

先輩を知る07/システムエンジニア(開発)

システムエンジニア
(開発)

PROFILE

ヒューマンサイエンスに入社する以前から、SIerや塾を経営する企業でシステム開発や運用サポートに携わっていたIT業界のエキスパート。大学時代は理学部の数学科に所属。数学の教員免許を取得したが、教職は合わないと考えSEの道に進んだ。最近、よく眠るために読む本は、大学の頃に利用していた数学の参考書。

開発も運用もコンサルティングも
多彩な業務を任せてもらえる

K・Wさん

2015年 中途入社

JOIN入社のきっかけ

社長や会社の雰囲気に惹かれた

大学卒業後にSIerに入社し、金融系企業のウェブサイト公開に向けたシステム開発に携わりました。その後、塾を経営する企業に入社。システム部門で塾を管理するための開発や運用サポート業務を担当しました。開発が落ち着いた頃、現場が運用保守だけのチームにシフトしようとしていたため、開発を続けたいと思いから転職を決意。IT系転職イベントにちょうど当社が出展していて、社長と直に面談しました。オープンソースのシステム理解を深めることができる機会であったこと、社長の人柄や落ち着いた社風であることが気に入って、入社することにしました。

CAREER入社から今まで

要望や目的に合わせた導入支援

現在も継続している業務ですが、教育支援システム(LMS)を新規に導入する大学や企業のお客様に対して、導入支援やプラグイン開発、カスタマイズ、さらに他のシステムと連携させるための開発など、幅広く担当しています。開発言語は主にPHPやJavaScript。前職でもPHPやPerlを使っていたので、作業を進める上で大変なことはありませんでした。現在、お客様は大学が中心ですが、企業向けにLMSのコンサルティング提案をすることも増えてきています。LMSに対して、それぞれのお客様の知識レベルに差があるので、お客様に合わせたベストの提案を探ることに面白さを感じています。

 

WORK現在の業務内容

開発から運用まで幅広く担当

業務のフェーズは主に2つあります。初期フェーズは、発注が決まるまで。見積書を作成、提出して、さらに要件定義までを行います。後続フェーズは、発注いただいた後の期間。詳細な設計に落とし込み、開発からテスト、納品までを行います。私自身は、初期フェーズの見積書作成、後続フェーズの設計から開発までを担当することが多いです。具体的なプロジェクトとしては、長くお付き合いのある大学で、年に2回カスタマイズやプラグイン開発をご依頼いただいています。例えば、最近でいうとeラーニングの設定を確認して、自動化する機能を追加したいというご要望があったので、LMSのデータを解析して、チェックしやすい一覧の抽出や、ダウンロード機能をプログラムしました。

WORTHWHILE仕事のやりがい

お客様からの要望を叶える喜び

システムはしっかりと使われてこそ価値があるものだと考えています。その点、eラーニングシステムは、大学の教授や職員、学生が真面目に使うシステムです。自分が提供したサービスが教育の現場で利用されていることを考えると、教育に貢献できているという嬉しさを感じます。また、当たり前ではありますが、お客様から感謝されることにもやりがいがあると思います。あるお客様から、LMSがパッケージのままだと使いづらいというご相談をいただきました。要件を伺い、お客様とあれこれアイデアを出し合って仕様書や設計書に落とし込みました。普段より設計に時間はかかりましたが、多彩な機能を追加したことで、「非常にわかりやすいです。後々の改修作業も問題ないでしょう」と評価をいただいた時は、大きな達成感がありました。

 

FUTURE今後の目標

開発視点の提案力向上を目指す

システム開発自体、受託で一つ一つ開発するよりも、今後はすでに完成されているサービスを利用する、どのパッケージが適しているかを判断するといった、ユーザーが増えてくると考えています。お客様は選択する基準がわからなかったり、運用時の課題が掴めなかったりと、悩みはつきません。コストも限られているので、スクラッチ開発でゼロから作るよりも、どうやって使っていこうかという初期の相談を伺うことから必要になってきているのです。営業だけ、コンサルティングだけ、開発だけというように、業務の幅を限定することに無理が出てきています。私個人としては、業務の幅を広げて、開発の視点から見た提案力の向上と、チームメンバーの育成に注力していきたいと考えています。