社内でマニュアル作成

工夫その4 社内負荷を減らすには?


社内の制作体制の負担を軽減したい

原因の考察

現状のマニュアル作成の体制にお困りではありませんか。

目指すべき姿とは?

社内の制作担当の目指すべき姿について、ヒューマンサイエンスはこう考えます。

制作担当がマニュアルの品質改善に注力し、営業が営業活動に専念できるようにすることで、マニュアル品質の向上やコスト削減が見込まれます。

アウトソーシングによるメリット

プロセス業務をアウトソースすることで、コア業務に一層注力でき、業務のバランスが図れます。

コア業務とプロセス業務のバランスが、アウトソーシング前とアウトソーシング後で大きく変化したことが分かります。
ヒューマンサイエンスは、マニュアルの請負作成、ライター・翻訳コーディネーターの常駐・派遣サービスで、お客様のマニュアル作成をサポートいたします。 人材派遣サービスについてはこちらをご覧ください。

関連トピック



他社のマニュアル作成事例を徹底紹介!導入企業事例集

「マニュアル作成」と一言で言っても、その内容もボリュームも対象者も企業によって様々です。
マニュアル作成を進めたいがボリュームが多すぎて何から手をつけていいか分からない、自社でやりたいことができるのか分からない、 他社でどのようにマニュアル作成を進めているのか知りたい、そのようなお悩みをお持ちの企業様は是非本事例集をダウンロードしてみてください。

 

 

【ご紹介企業様】

  • 三菱電機株式会社 さま
  • 三井住友海上火災保険株式会社 さま
  • 横河電機株式会社 さま
  • Yahoo! JAPAN さま
  • 第一三共ビジネスアソシエ株式会社 さま

など10社の事例をご紹介

ダウンロードはこちら



マニュアル作成について
詳しく知りたい方

東京:03-5321-3111 
名古屋:052-269-8016

受付時間 9:30~18:15