moodleとTotara Learnの違い、機能比較

moodleとTotara Learnの違い、機能比較

Totara Learn は世界で最も支持されている学習管理システム(LMS)である moodle の機能拡張版です。


Totara Learnは、moodleの学習機能に加え、組織階層管理機能や社員学習計画機能といった、企業内での人材育成に特化した機能を標準で持ち合わせています。

moodleにはなくてTotara Learnが持っているもの

バグ・セキュリティ対応

開発元であるTotara Learning Solutions社がバグサポートをしているため、該当バージョンが発表されてから3年間のサポート、バグ・セキュリティ対応があります。
moodleは3年間のサポートはありますが、バグ・セキュリティは最初の1年のみ、残り2年間はセキュリティ対応のみとなります。


自由に受講プログラムを組み合わせられる

プログラム機能を利用することによりコースA、コースB、コースCを順序づけて受講させたり
営業部にはコースA,コースBを順序づけて受講させ、広報にはコースA、コースCを順序づけて受講させることができるため、コースの組み合わせを自由に定義することができます


組織・役職(ポジション)管理ができる

組織階層を使用すると、1つまたは複数の組織構造を設定できます。
組織構造では、組織を構成する地域、部門、グループ、地域、またはチームを定義できます。
ポジション階層では、1つまたは複数のポジション構造を設定することができます。
ポジション構造では、組織を構成する職務役割を定義できます。


eラーニングだけでなく、集合研修の管理もできる

Totara Learnには集合研修を管理する機能が備わっています。
この機能を使うことによって、テストやレポート提出と同様に集合研修の参加記録を残すことができます



ヒューマンサイエンスは、お客様のニーズに合わせて、moodle、Totara Learn いずれかのLMSの導入・運用支援を行っております。

お気軽にお問い合わせください。

moodleとTotara Learnの比較表ダウンロード(全5ページ)