eラーニング教材ローカライズ

eラーニング教材ローカライズ

最近、さまざまな業種の企業や組織などで、社員教育の目的でeラーニング教材の利用が進んでいます。それに伴い、コンテンツを一から作成するだけでなく、英語で提供されているコンテンツをローカライズするニーズも増大しています。


eラーニングコンテンツのローカライズには、多くの作業が必要です。とはいえ、それらをそれぞれ個別に発注すると、品質やコストに関し、さまざまな問題が生じがちです。


ヒューマンサイエンスには専門のeラーニング制作部門があり、eラーニングコンテンツのローカライズにもワンストップで対応します。また、高い技術力で新しいツールにも柔軟に対応し、お客様の個別のニーズにきめ細かくお応えします。

ヒューマンサイエンスのeラーニング教材ローカライズ

eラーニング教材のコンテンツをローカライズするには、eラーニングに関する規格や仕様、またプラットフォームやデバイスの知識が不可欠です。当社では、過去16年にわたり、専門の部門が数多くのeラーニングコンテンツの企画・制作を手がけてまいりました。


そこで培った豊富な知識と経験を生かし、PowerPointなどのテキストデータを翻訳するだけでなく、eラーニングのシステムに関連したローカライズにも対応します。また、音声や映像のコンテンツを翻訳し、音声吹き替えや字幕を付けた形で日本語版を作成することもできます。


映像・動画コンテンツの翻訳・ローカライズについては、こちらをご覧ください。

Articulate Studio、Adobe Presenterでのオーサリング

PowerPointからコストを抑えてマルチメディアコンテンツをお作りになりたいというお客様には、海外で高い人気を誇るArticulate StudioもしくはAdobe Presenterをご提案しております。
日本語化オーサリング時に起こるさまざまな問題やバグを経験し、ノウハウ・知識を蓄積してきました。
バグの発生による納期遅延を起こすことはありません。

対応ツール

  • Articulate Studio
  • Articulate Storyline
  • Articulate Presenter
  • Adobe Presenter
  • Adobe Flash
  • Lectora Inspire
  • iSpring
  • Adobe Premiere など

Articulateとは

Articulateの特徴

  • Articulate上で作成したデータから、ボタン一つで Flash、HTML5、iOS 対応形式への変換が可能です。
  • SCORM教材にも対応。「SCORM」設定で出力したデータで、簡単に各LMSへ簡単に登録することができます。

Articulateシリーズ

  • Articulate Storyline
  •  ・デザインテンプレート、人物やイラストのパッケージがあるため、
      画面デザインのみならず、イラスト作成のコスト・作業期間を大幅に抑えることが可能です。
     ・人物は表情、ポーズなどの組み合わせで47,500通りものキャラクターを作成することができます。
     ・また、Storyline上でインタラクティブなシミュレーションコンテンツを作成することが可能です。

  • Articulate Studio
  •  ・Articulate Presenterでは、PowerPointをベースに、簡単にコンテンツ作成をすることができます。
     ・アノテーションの追加や音声編集機能も可能です。
     ・同梱のArticulate Quizmakerは、クイズ作成に特化した支援ツールです。
      〇×問題や選択問題などの基本テンプレートがあるため、テスト問題・正誤情報を入力するだけでクイズを作成することができます。


    ヒューマンサイエンスではArticulateで作成されたコンテンツのローカライズに加え、下記サービスも提供しております。ぜひご利用ください。

  •  >>Articulateセミナー(機能解説、実演デモ)
  •  >>Articulate内製支援、制作請負サービス