情報管理

情報管理

情報管理のためのしくみ

ヒューマンサイエンスでは、お客さまの大切な機密情報を管理するためのしくみを運用しています。
会社と社員は、機密保持契約を結んでいます。情報管理のための方針として、機密情報管理規約を制定しています。毎年、社員に対して、機密情報管理規約の遵守状況をチェックしています。また、毎年、社員に対して、情報管理のための教育を実施しています。
協力スタッフとも機密保持契約を結んでいます。

情報管理のためのしくみ

オフィススペースへの入退室管理

10階のオフィスフロア、13階の会議室への入退室は従業員のみが保有するICカードで管理しています。

DSC_6304

セキュリティルームの使用

発売前の製品のマニュアル作成など、人目に触れない環境下での制作が必要になることがあります。
セキュリティルームがあり、プロジェクト関係者だけが入室して作業いたします。
関係者以外が入出できないよう、関係者が設定する暗証番号で管理しています。

セキュリティルーム DSC_6309 DSC_6284

翻訳サービスの国際規格 ISO 17100:2015 の認証を取得

認証日:2017年6月5日
株式会社ヒューマンサイエンスは、2017年6月5日、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100: 2015 Translation services – Requirements for translation services(以下、ISO17100: 2015)」の認証を取得しました。
ISO17100: 2015では、翻訳サービス提供者を対象に、品質の高い翻訳サービスに求められる主要なプロセスおよび翻訳者やレビューアの力量について要件が規定されています。

今後も、翻訳プロジェクトのの品質管理にスタッフ一同努めてまいります。

ISO17100_認証証‗日本語_2   ISO17100_認証証‗日本語_3



認証日: 2017年6月5日
適用規格: ISO 17100:2015
認証機関: 一般財団法人 日本規格協会
登録番号: JSAT 029
認証範囲: 医学・医薬分野、工業・科学技術分野(日英・英日)の翻訳サービス

*当社が提供する翻訳サービスのすべてが「ISO17100」に準拠しているわけではありません。

ISMS基本方針(システム開発、eラーニング開発に関わる業務)

制定日:2010年12月9日
改訂日:2016年7月1日
代表取締役 熊澤 剛
2010年に、システム開発に関わる業務について、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格ISO27001の認証を受けました。

株式会社ヒューマンサイエンスは、「ヒューマンサイエンスは、テクニカルコミュニケーションとITを中心にした技術で国内外の企業をサポートし、豊かで夢のある社会の実現に貢献します。」という企業理念(存在価値)の下で事業運営をしており、多くの企業・各種団体の業務を支援しています。その際に、お客様から多くの情報をお預かりします。また、従業員やその他の関係者の多くの情報を扱っています。お客様および関係者との信頼関係を維持しながらビジネスを行っていくうえで、情報資産の保護は重要な課題と位置付けます。お客様や関係者から預かった情報資産について、紛失・盗難・不正使用といった事故が発生することがないよう、安全に保護することが重要です。そのため、物理的・技術的なセキュリティ対策を実施します。また、社員が情報セキュリティについて高い意識を持ち、情報資産の保護に努めることが重要です。
よってここに、当社の「ISMS基本方針」を定め、当社が保有する情報資産を適切に保護するための指針とし、この基本方針にしたがって情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を実践いたします。経営層を含む全従業員は、当基本方針の趣旨を十分に理解し、当社の情報セキュリティマネジメントシステムに関する社内規則を遵守した行動を取ります。

1. 情報セキュリティの定義
当社においては、情報セキュリティとは、情報資産の機密性・完全性・可用性を維持することであると定義しています。

2. 適用範囲
当社は以下の範囲でISMSの活動を実践しております。
対象業務:システム開発、eラーニング開発
対象部署:教育ソリューション部、事業推進部(教育ソリューション部担当)
対象事業所:株式会社ヒューマンサイエンス本社

3. 管理者の責務
当社は、情報セキュリティに責任を持つ情報セキュリティ管理責任者を任命します。情報セキュリティ管理責任者は、当社における情報資産の保護対策を実施し、情報セキュリティを脅かす事象が発見されれば、速やかな対応を行う責務を担います。

4. 従業員の責務
当社は、臨時雇用者を含む全従業社に対し教育を実施し、全員が「ISMS基本方針」及びISMSに関連した社内規則を理解し、規程を遵守した行動を取ることを責務と考え行動いたします。

5. 情報資産の特定と対策
当社では、機密情報や個人情報などの、保護すべき情報資産を特定します。特定した情報資産を保護するために、定期的にリスクの分析・評価を行い、リスクに応じた最適な保護対策を講じます。

6. 個人情報保護
当社は、当社が取り扱う個人情報に関して適用される法令、規範等を遵守した取扱いを行います。

7. 法令遵守
当社は、情報セキュリティに関連する法令および締結した契約を適切に遵守するための活動を推進します。

8. 情報セキュリティマネジメントの推進
当社は、情報セキュリティ管理責任者を中心として情報セキュリティを維持するための活動を行うと共に、監査、マネジメントレビューを通じて情報セキュリティが維持されていることを確認し、是正・予防に常に努める、継続的改善活動を推進します。

9. 事業継続
当社は、当社の重要な事業を適切に継続するために必要な対策を講じます。

個人情報保護方針

改訂日:2017年5月1日
代表取締役 熊澤 剛

はじめに

株式会社ヒューマンサイエンス(以下「当社」)は、個人の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレスや経歴など、個人を特定、識別し得る情報(以下「個人情報」)の保護について個人情報の取扱いに関係する法令その他の規範を遵守するとともに、以下のとおり個人情報保護方針を定め、継続的に見直し・改善をしていくことにより、個人情報資産を適切に取り扱うよう努めてまいります。


個人情報の取得について

当社は、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得致します。


個人情報の利用について

当社は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用致します。


以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行います。


・お見積のご依頼・ご相談に対する回答及び資料送付

・セミナーや各種サービスに関する情報提供

・採用応募者の選考や結果の通知

・お取引に関する事務・税務手続きおよび関連する業務


個人情報の安全管理について

当社は、取り扱う個人情報に関する漏洩、滅失または毀損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。


個人情報の委託について

当社は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合、当該第三者について厳正な調査・選定を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。


個人情報の第三者提供について

当社は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供致しません。


個人情報の開示・訂正等について

当社は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。

その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示には応じません。個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除・利用停止等の請求がある場合、調査の上、速やかに対応致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。


当社の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。


【お問い合わせ先】

株式会社ヒューマンサイエンス

個人情報問い合わせ窓口

E-mail: privacy@science.co.jp

電話:03-5321-3111