機械翻訳導入支援

機械翻訳導入支援

ヒューマンサイエンスでは、実用化が進み始めた10年前から機械翻訳プロジェクトを手掛け、2016年は315件のプロジェクトで機械翻訳を採用しています。

これまでの経験をもとに、お客様の求める品質、翻訳量、システム環境に応じた機械翻訳エンジン、プロセスをご提案しております。


お客様の求める品質、翻訳量、システム環境に応じて、複数のエンジンを評価し、最適なものをご提案しております。


エンジン一覧


翻訳部門、開発部門などで、Trados等の翻訳支援システムや管理システムを用いて大量の翻訳を行ってきた場合、

各種オープンソースのNMTエンジン、コーパスを備えたGoogleニューラル機械翻訳(Google Neural Machine Translation、GNMT)、Microsoft Translator、みんなの自動翻訳 などのニューラル機械翻訳エンジンをAPI経由で現在ご利用中の翻訳管理システムに組み込むことができます。


他方で、管理部門、営業部門などで、お手軽にメールや社内文書など一般的な少量のファイルを扱いたいという場合には、
翻訳管理プラットフォームとGNMTが一体となったWebサービスMTrans(エムトランス)をご提供しております。
GNMTを活用するだけでなく、御社内で翻訳資産を蓄積し、再利用することもできます。

詳細

ニューラル機械翻訳( Neural Machine Translation、NMT)導入支援
HS Mtrans

関連実績

【株式会社ニデック様】医療機器マニュアル機械翻訳

【外資系ITメーカー様】 サポートコンテンツの日英翻訳に機械翻訳を導入

【国内電機メーカー(東証1部上場)様】 Webマニュアル、FAQ多言語機械翻訳導入