NMT導入支援

ニューラル機械翻訳(Neural Machine Translation、NMT)導入支援

2016年にニューラルネットワークを使用した機械翻訳エンジンが多数リリースされました。
特にGoogle社がリリースした「Googleニューラル機械翻訳(Google Neural Machine Translation、GNMT)」は、英日、日英の両方の言語ペアにおいて、従来のルールベースや統計ベースの機械翻訳と比べて翻訳精度が大幅に向上しています。


ヒューマンサイエンスではニューラル機械翻訳(NMT)エンジンを調査、問題点を分析して、その解決策をソリューションとして提供しております。
2016年11月には「Google製機械翻訳導入ソリューション」を、
2017年5月にはその他のNMTエンジンにも対応した「ニューラル機械翻訳導入ソリューション」の提供を開始しました。


ヒューマンサイエンスでは、弊社コンサルタントとエンジニアがお客様のご要望をお聞きしながら、NMTエンジンを社内で活用したいお客様向けに導入・カスタマイズサービスを提供します。
GNMTを利用した実案件において、34%のコスト削減および25%の期間短縮を実現しています。

ニューラル機械翻訳(NMT)ソリューション 導入プロセス

お客様が求める翻訳品質に応じて、以下のメニューからお選びいただけます。


①コンサルティング+NMT導入

②コンサルティング+NMT導入+ファイル形式、用語集、スタイルガイド 対応

③コンサルティング+NMT導入+ファイル形式、用語集、スタイルガイド 対応+ポストエディット

④コンサルティング+NMT導入+ポストエディット

コンサルティング
    • ・提案
    • ・エンジン評価
導入
    • ・NMT導入
    • ・用語集、スタイル対応
運用
    • ・ポストエディット
    • ・品質評価


コンサルティング

提案

お客様の翻訳業務フロー、ファイル形式、用語集、スタイルガイドへの準拠など、お客様のご要望をヒアリングし、お客様が求めている翻訳環境、翻訳品質を明確にします。その上で、導入するNMTとスケジュールをご提案します。


NMTエンジン評価

お客様が求める翻訳環境に適したNMTエンジンを選定します。
その後、お客様の文書をNMTエンジンで翻訳し、その出力とお客様が望む翻訳品質との間の差分を明確にします。
また、ポストエディットを行い、必要な時間を計測します。MTを使用しない場合と比較して、コストとスケジュールがどのように変わるかを報告します。

導入

NMT導入

御社向けNMTエンジンの構築
・Google Translation API Premium Editionをカスタマイズ ※GNMTの場合
・Trados等の翻訳支援ツールとの連携
・各種オープンソースのNMTエンジンのオンプレミスへの導入

ファイル形式、用語集、スタイルガイド 対応

用語集・スタイル適用するツールとの連携

運用

ポストエディット

運用を開始します。翻訳品質を定期的に計測して報告します。
ご要望に合わせて、ポストエディットサービスも提供しております。

Office、Trados等の翻訳支援ツールとの連携

翻訳時に使用するアプリケーション(例:Trados、memoQ、MEMSOURCE、Office等)に応じた「MTコネクタ」をお客様環境に設置します。
次に、クラウドにあるNMTエンジンを使用する場合はクラウドに、お客様の社内ネットワークに翻訳サーバーマシンとNMTエンジンを設置する場合はそのサーバー上に「MTラッパー」を設置します。
MTコネクタはMTラッパーとやりとりし、MTラッパーがNMTエンジンとやりとりして、NMTエンジンの訳文に用語集やスタイルを適用します。


NMT導入ソリューションのシステム構成図


カスタマイズによる品質向上


MTエンジンの品質や使い勝手を向上させるために、弊社では専任の開発者がさまざまな翻訳テクノロジを開発しています。お客様向けにMTエンジンをカスタマイズすることもできます。お客様が独自のMTエンジンをお使いの場合でも、弊社のテクノロジと組み合わせて品質や使い勝手を向上させることができます。

たとえば、以下のようなカスタマイズが可能です。

  • ・HTMLやXMLのタグに対応していないMTエンジンでタグを適切に処理する
  • ・ユーザー辞書に対応していないMTエンジンにユーザー辞書機能を追加する
  • ・自動化に対応していないMTエンジンをお客様の業務フローに組み込む

高いコストをかけてMTを導入したにもかかわらず、活用できていないとお悩みのお客様は、ヒューマンサイエンスまでご相談ください。

セキュリティ

御社向けのNMTシステムを構築し、セキュリティを担保します。
社内で高いセキュリティを確保できるオンプレミス型、社内サーバーが不要なクラウド型のいずれの方式でも導入可能です。
無料の機械翻訳サービスでは、利用規約によっては、翻訳内容が漏えい・再利用されてしまうおそれがあります。
その点、オンプレミス型は、お客様の社内に翻訳サーバーを設置し、翻訳データが社内ネットワークのみを流れるため、高いセキュリティを確保できます。
一般にオンプレミス型の機械翻訳システムは高価ですが、弊社ではオープンソースを活用し、低価格で提供いたします。お客様の業務フロー、IT環境に合わせてカスタマイズすることも可能です。
クラウド型は、AWSなどの主要クラウドに設置されたMT環境をインターネット経由で利用します。インターネットにさえつながれば、特別な環境を用意することなく、気軽にご利用いただけます。


ヒューマンサイエンスのGoogle製機械翻訳導入ソリューションでは、Google社と弊社との間の取り決めにより、翻訳文書が流用されることがありません。
Google製機械翻訳はGoogle社のクラウド上で動作しますが、お客様のネットワークとクラウドとの間の通信は暗号化され、
クラウド上のデータについても同様に暗号化されるため、機密性が高い文書を翻訳される場合でも安心してご利用いただけます。

関連セミナー

「ニューラル機械翻訳活用セミナー」開催予定一覧