【事例】測定器・計測機器 マニュアル 作成~翻訳

【事例】測定器・計測機器 マニュアル 作成~翻訳

  • 「技術者が書いているせいかマニュアルがわかりにくい」
  • 「翻訳者のスキルによって品質が不安定」
  • 「専門用語の使い方など品質がよくない」

などのお悩みをお持ちではありませんか?

国内のセンサー・測定器、制御・計測機器のメーカー様のマニュアル作成・翻訳プロジェクトをもとにヒューマンサイエンスのソリューションをご紹介します。

お客様のご要望と課題

お客様よりWebサイト経由で、マニュアル作成・翻訳のお問い合わせをいただきました。


1. 全言語同時に製品を出荷したい(スピード)

2. 専門分野の翻訳品質が心配(正確性)

3. 依頼の度に翻訳者が変わり、品質を保てない。用語・表現がバラバラ

4. 日本語のマニュアルがわかりにくい。誤訳も発生


お電話とお打合せで上記の課題をヒアリングを経て、見積、作業内容のご提案を行い、


・画像センサー、画像処理装置

・デジタルマイクロスコープ

・レーザー顕微鏡

・三次元計測器


等の日本語マニュアル作成、英語・ドイツ語、中国語・韓国語翻訳を2009年より継続的にお手伝いしております。

1.全言語同時に製品を出荷したい(スピード)

あるプロジェクトでは450ページの取扱説明書の日本語版の改訂作成から、英語・中国語・韓国語・ドイツ翻訳終了まで、約3.5カ月で納品。

作成期間を圧縮するため、日本語版作成途中から翻訳を開始。

製品の開発仕様に変更が発生する中、他言語にもスムーズに変更を反映。

「差分管理シート」「翻訳チェックシート」「DTPチェックシート」と、それらを管理する「運用管理シート」の徹底的な実施で差分反映もれは「0件」を実現しています。

計測器_スケジュール

 

ヒューマンサイエンスの社内在籍のテクニカルライターは15名。翻訳者は各言語30名以上(40言語対応)。

豊富なリソースの中から最適なライター、翻訳者をアサインします。


本プロジェクトの体制

計測器_体制



日本語版の作成では、ライター5人で800ページを約2ヵ月で執筆したことも。

開発中の製品実機をお預かりして、セキュリティールームにて保管し、ライターが実機と仕様書を確認しながら執筆。

仕様変更時、ファームウェアのアップデート作業も行い、仕様変更時もお客様のお手間をとらせることはありません。

>>セキュリティルーム(機密情報管理)について


セキュリティルームでは、プロジェクト関係者だけが入室して作業いたします。

関係者以外が入出できないよう、関係者が設定する暗証番号で管理しています。


セキュリティルーム DSC_6309 DSC_6284

2. 専門分野の翻訳品質が心配(正確性)

取扱説明書の翻訳の発注にあたって、お客様が心配されたことのひとつが「正確性」です。

単に日本語を英語にするだけでなく、計測器メーカーで社内翻訳者としての経験を持ち、業界特有の用語・言い回しに精通した翻訳者をアサイン。


本プロジェクトでは、翻訳者としての経験9年、計測器メーカー勤務5年(設計、翻訳)経験のある者が翻訳を担当致しました。

翻訳者

翻訳者経歴

翻訳経験:9年

・計測制御システムマニュアル

・計測器/試験測定器 販促資料

・技術資料

・特許資料

計測器メーカー勤務:5年

・計測器設計

・計測制御機器/分析計 販売促進


ヒューマンサイエンスでは、翻訳者と登録の際に「測定機器」「FA機器」「システム開発」「医療」など、「分野」ごとに翻訳者の選定・トライアル審査を行います。

ネイティブによる審査、実績などを考慮のうえ、契約となった翻訳者のみをプロジェクトにアサインします。

厳格な基準を設け、合格率は20%です。

翻訳者トライアル

プロジェクト終了後は、お客様、社内レビューアーの評価を翻訳者にフィードバック。

翻訳者データベースにプロジェクトでの品質・対応などの評価を登録し、次回の翻訳プロジェクトに活かします。


翻訳者評価シート

翻訳者評価シート(クリック拡大)

3. 依頼の度に翻訳者が変わり、品質を保てない。用語・表現がバラバラ

大量のマニュアルを短期間で翻訳する場合、複数の翻訳者で分担する必要があります。

作業スピードは上がるものの、用語・表現の不統一が生じやすくなります。

用語集・スタイルガイドを整備し、「基準の見える化」を行い、品質の安定化を実現しました。


フランス語スタイルガイド

フランス語スタイルガイド

用語集、スタイルガイド整備のメリット

翻訳コストダウン

用語・表現の不統一は、Tradosなどの翻訳メモリー使用時の再利用率も低下して、コストアップの原因に。
統一すべき用語・表現の規約を定めることで、コストダウンも期待できます。

ヘルプデスク、サポートセンターへの問合せ数の減少

同じ意味でも表現が異なることにより発生するユーザーの混乱を回避でき、ヘルプデスクの稼働コストを削減することにもつながります。

 

 

翻訳メモリ・用語集・スタイルガイドの継続的な運用

 

用語集・スタイルガイドをお持ちでないお客様には、下記のプロセスで用語集・スタイルガイドの整備をご提案します。

翻訳作業前
  • 1.翻訳対象ドキュメントの査読
  • 2.統一すべき用語・スタイルの洗い出し
翻訳作業中
  • 1.翻訳者、レビューアーに翻訳対象ドキュメントと、用語集・スタイルガイドを配布
  • 2.用語集・スタイルガイドをもとにした翻訳・チェック作業
納品後
  • 用語集・スタイルガイドを更新

 

ツールの活用による品質の安定化

Tradosや独自開発の校正ツールを活用したチェックを実施。

人の目では拾いきれないエラーを防止し、品質をさらに強化します。

翻訳校正ツール

翻訳校正ツール

 

チェック項目

翻訳漏れ、訳文統一、文字化け、数値、用語、形式チェック、スペルチェック、スタイルチェック、言語ルール

 

チェックツール例

Trados QA Checker、QA Distiller、Xbench、UI Checker(弊社独自ツール)


ローカリゼーションエンジニアがプロジェクトごとに、必要なチェック項目をカスタマイズします。

4. 日本語のマニュアルがわかりにくい。誤訳も発生

取扱説明書は、開発担当の技術者が作成をされていました。

「わかりやすいマニュアル」を作成するには、「仕様書」の作成とは異なる文書作成の技術が必要です。

曖昧な文章をそのまま翻訳すると、正しい意味で翻訳できず、誤訳が発生し、品質低下につながりかねません。

 

テクニカルライターが日本語マニュアル、英語マニュアルそれぞれを分析。改善策をご提案し、マニュアルの品質の向上につながりました。


日本語マニュアル改善のメリット

誤訳、品質低下を回避できる

誤った操作方法の記載は、信用の損失、そして事故にもつながりかねません。
日本語マニュアル、ならびに英語、多言語マニュアルの品質向上はお客様満足度を向上させます。

ヘルプデスク、サポートセンターへの問合せ数の減少

正しい、わかりやすいマニュアルをユーザーの方々に提供することで、ヘルプデスクの稼働コストを削減することにもつながります。

翻訳コストダウン

用語・表現の不統一は、Tradosなどの翻訳メモリー使用時の再利用率も低下して、コストアップの原因に。
統一すべき用語・表現の規約を定めることで、コストダウンも期待できます。


製造業関連製品に精通したライターが執筆を担当

精密機器の操作マニュアル作成の経験豊富なライターによる制作チームを構成しました。

ライターA

テクニカルライター歴28年

制作実績

精密機器のハードウェアマニュアル・ソフトウェア操作マニュアル・ヘルプ
CAD/CAM関連トレーニングマニュアル
機器のネットワーク設定マニュアル
機器管理システムの運用マニュアル・操作マニュアル

ライターB

翻訳コーディネーター歴16年

制作実績(例)

計測機器の制御アプリケーション操作マニュアル
 ※仕様書、実機、インタビューの結果を元に原稿作成
レーザー顕微鏡取扱説明書
医療機器操作マニュアルbr> 携帯電話・スマートフォン操作マニュアル

ライターC

テクニカルライター歴33年

制作実績

計測機器/アナライザー、モバイルデバイス、OA機器、AV機器、PC関連機器/周辺装置
PC用ソフトウェア(汎用アプリ)、企業内システム(専用アプリ)
※国内メーカーにて製造、生産管理業務に携わった経験あり