Totara Learn導入運用支援サービス

Totara Learn導入運用支援サービス

MP_flat_square_RGB

ヒューマンサイエンスの導入支援サービスは、固定のパッケージプランではありません。
お客様のニーズに則した導入プランをご提案いたします。
クラウドか学内サーバか、サーバのスペックはどのくらいか、使い方のサポートが必要か、どのようなメンテナンスが必要かなど、eラーニング運用に必要なご支援をご一緒にプランいたします。


導入運用プロセス

活用設計

お客様が行いたい教育フローを実現するためのTotara Learn設定支援を行います。


実施内容

要件定義

eラーニング導入にあたってお客様が実現したいことをヒアリングし、仕様詰めを行います。


eラーニング運用業務プロセス構築支援

eラーニング運用には、コース登録、ユーザーへの連絡、配信、効果測定…など様々な業務が発生します。
導入・運用を成功させるために、業務フローの構築をお手伝いします。


デモサイトの構築

デモサイトを立ち上げ、お客様に実際のTotara Learnの動きをご確認いただきながら、設定・機能をチューニングしていきます。


納品物

パラメータシート(お客様ご自身でTotara Learnの設定ができるように記したものです)
要件定義書(カスタマイズ・プラグイン開発が必要な場)


期間

3ヶ月~6か月(10回程度の打ち合わせ)
多くのお客様は隔週1回の打ち合わせを行います。


構築(オンプレ、クラウド)

お客様の学内・社内サーバにTotara Learn構築を行います。
オンプレはもちろん、AWSやAzure等のクラウドへの構築も行います。


作業項目

ハードウェアのスペックの選定
ミドルウェアのインストール

apache(Nginx) php(php-fpm) postgresqlなどのオープンソースのミドルウェアをインストールします。

Totara Learnインストール
Totara Learn設定
認証システムとの連携

ヒューマンサイエンスでは、SSO(シングルサインオン)の実現やユーザアカウントの一元管理、Totara Learnを認証システムや外部システムに連携させるための設定やカスタマイズを行っています。
大学での連携要望が多いShibboleth(学認など)との連携もお任せください。
Shibboleth(学認など)以外に、Active Directory, OpenLDAP, CASといった認証サーバとの連携にも対応しています。


対応認証サービス

・LDAP(Active Directory, OpenLDAP)
・CAS
・Shibboleth(学認)
・OAuth2
・外部データベースなど


他システムとの連携

Totara Learnとeポートフォリオ、Web会議システムなどを連携させて利用することをお考えのお客様が増えています。
映像配信システム、eポートフォリオ(Maharaなど)と連携設定を行います。


対応システム

・映像配信(Adobe Media Server、Red5)
・会議システム(Apache OpenMeetings)
・ポートフォリオ、(Mahara、WordPress、Drupal)
・LMS(ほかのTotara Learn、Sakai、Blackboard Learn)
・Webサービス(RESTプロトコル、XML-RPCプロトコルなど)
・その他(YouTube、Box、Dropbox、Google Driveなど)


費用

220,000円~(税抜き)
※サーバ1台構成またはWebサーバ1台・DBサーバ1台まで
※OSおよびネットワークの設定までお願いいたします。
※前提:SSHおよびHTTP/HTTPSの接続
※ヒューマンサイエンスからのリモート作業を想定。現地作業は別途お見積いたします。


クラウドパッケージ(e-CoreLea)

eラーニングの導入は決まったけど、何をしていいのか分からない。
そのようなお考えのお客様はいらっしゃいませんか?


e-CoreLea(イーコアラ―)は、ヒューマンサイエンスが提供するTotara Learn・totaraのクラウドサービスで、インフラ環境の準備は一切不要です。


セキュリティ

大手外資系企業製のクラウドを利用しており、データセンターで管理されているデータは人手による運用はされていません。人的ミスによるインシデントを防ぐと同時にお客様情報を特定することを防ぐことに対応しています。


バージョンアップ・バックアップ対応

初期設定不要なことはもちろん、サービス開始後のTotara Learnバージョンアップ対応、バックアップ対応も含んだパッケージサービスです。


価格表

ライトプラン 標準プラン カスタムプラン
価格 41,600円/月 66,600円/月~ お問い合わせください
LMS Totara Learn Totara Learn
Totara Learn
Totara Learn
Totara Learn
ユーザー数 100~200人 1,000人
追加プラグイン
カスタマイズ × ×
ディスク領域 100GB
※増設可能
100GB
※増設可能
100GB
※増設可能
バージョンアップ
※年1回

※年1回
△別契約
※年1回
バックアップ
※1日1回

※1日1回

※1日1回

※初期費用はございません。
※最低契約期間は1年です。
※サービスバックアップからのリストアは有料になります
※Totara Learnを選択の場合、上記金額に加え別途サブスクリプション費用がかかります


カスタマイズ・プラグイン

Totara Learnの標準機能だけでは実現が難しいものを、ご希望に沿ってカスタマイズ、プラグイン開発を行います。
ヒューマンサイエンスで開発したプラグインの導入も行っております。
お気軽にご相談ください。


カスタマイズ

メリット

Totara Learnの標準機能の動作を変更することに向いています。

デメリット

Totara Learn本体を改修するため、バージョンアップする際には、改修部分を再適用する必要があります


カスタマイズ例

ご要望 カスタマイズ例
進捗をわかりやすくしたい ・学習進捗に合わせてアイコンを表示
・コース内の小テストの解答状況をコース一覧画面に表示
運用業務を効率化したい ・各コースの小テスト結果をまとめたファイル出力
・成績の詳細情報の一括取得
・成績修正一覧表の画面表示、エクスポート
ID情報の共有など、ほかの校内・社内システムと連携させたい ・ポータルサイトとの連携
・動画配信サーバとの連携
・他システムのユーザーデータ等をTotara Learn用に変換・登録

プラグイン

メリット

Totara Learn、TotaraLearnの標準機能にない機能を追加することができます。
バージョンアップする際、影響を受けにくいです。影響を受けた場合でも、最小限のコストで改修が可能。


ヒューマンサイエンスオリジナルTotara Learnプラグイン

要望が多いTotara Learnに追加する機能をプラグイン開発し、提供しております。


動画Playerプラグイン(HSビデオ)

動画の閲覧状況を評定として記録するプラグインです。


このような課題をお持ちのかたへ

動画の閲覧状況を評定として記録するプラグインです。


概要

・映像の閲覧状況を評定として記録します
・再生合計時間を100%として、何%まで閲覧したかを評定として記録していきます。
・前回閲覧を停止した位置から再生を開始できます。
・設定によって、再生したところまでしか早送り・巻き戻しができないようにすることが可能です
・字幕対応(4話者対応:ブラウザ依存)
・ファイル形式:mp4、webm、m3u8 (再生はブラウザに依存します)
・Edge, IE11, Firefox, Chromeに同じインターフェースを提供
・レスポンシブデザインを採用
・使用権販売 1サイト(1FQDN)あたり1ライセンス
・価格 250,000円(税抜き) ※1FQDNに付き1ライセンス必要(使用権を付与いたします)。


動画の自動文字おこし、および自動翻訳 (HS Caption)

MP4をアップロードするだけで、自動的にテキスト起こし、自動翻訳(英語・日本語・中国語(簡体字・繫体字)・韓国語・インドネシア語・ベトナム語)を行うプラグインです。


このような課題をお持ちのかたへ

留学生のために、講義動画を翻訳して配信したい


概要

・動画ファイルをアップロードするだけで、文字おこし、翻訳、字幕ファイル(vtt形式)を生成します
・価格 100,000円(税抜き)
※720分変換費用(年間)の場合の参考費用です。
※ビデオの時間数によって変動します。


導入教育(使い方セミナー)

基本的な使い方についてセミナーを行います。


形式

ハンズオン形式または講義形式で実施します。
バンスオン形式の場合5名程度まで・講義形式の場合印刷物は10部まで(データはお渡しします)


場所

お客様の会議室、講義教室などご指定の場所にて行います。
ヒューマンサイエンス会議室(東京・新宿)で行うことも可能です。
(パソコンとネットワーク環境をご用意ください)


時間

1日5時間程度


講義内容

事前準備・ユーザー登録・コース登録・小テスト作成・評定のダウンロード・アンケート作成


費用

220,000円(税抜き)
※遠隔地の場合は、交通費・宿泊費を別途申し受けます
※カリキュラムをお客様に合わせてカスタマイズする場合は別途お見積いたします。


運用支援(使い方サポート)

Totara Learnはオープンソースで無料であることが最大のメリットですが、保守・運用はユーザーの責任となります。
困ったときの相談先でお困りではないですか?
ヒューマンサイエンスは電話・メールでのサポートサービスを提供しております。
障害発生時のトラブル対応だけではなく、Totara Learnのアップデート、それに伴うサーバ環境のバージョンアップなどの定期メンテナンス、新機能など、新しい情報もご提供します
日頃の運用でお困りのどんなことでもいつでもお問い合わせください。


内容

Totara Learnの操作に対するお問い合わせへの電話・メールでのサポートです。
お問い合わせ内容をレポートにまとめたものを月次報告書として納品します。


時間

9:00~17:00


費用

440,000円(税抜き)
※1年間20インシデントの場合です。チケットの増減により価格が変わります。
※バグについては、原因までの調査を含みます。修正が必要な場合は別途お見積いたします。


運用支援(バージョンアップ)

ヒューマンサイエンスは、Totara Learn3.xへのバージョンアップをご支援しています。
カスタマイズを行ったTotara Learnでも、まずは現状調査を行い、データの移行方法をご提案します。


このような課題をお持ちのかたへ

・Totara Learn2.xを利用中だが、Totara Learn3.xへのバージョンアップをしたい
・カスタマイズを行い、プラグインを実装しているがバージョンアップをしたい
・そもそもバージョンアップはしたほうがよいのか?


バージョンアップを行うメリット

・新機能の追加(例 バッチ機能、受講条件機能:完了トラッキング)
・アプリケーションとの外部連携の充実(例 Youtube、Dropbox、Evernote)
・プラグインの充実(例 メールプラグイン、映像モジュール 等)
・スマートフォン対応
・セキュリティFIX、バグFIX対応
・操作感のよさ(ドラッグ&ドロップでのファイルアップロードなど)


費用

マイナーバージョンアップ 220,000円
メジャーバージョンアップ 350,000円 


実施条件

・バージョンアップによる動作確認を事前に行います。(標準機能に限る)
・年1回の実施を前提としております。
・バージョンアップ作業中は1~3日間程度、サービスが停止します。
・作業場所はヒューマンサイエンス(リモートによる接続)を想定しております。
・作業時はヒューマンサイエンスからSSH/HTTPSアクセスが可能であることが前提です。
・ミドルウェアのパッケージアップデートを実施します。
・認証システム等に変更があり、Totara Learn、Totara Learnやサーバの設定変更や調査が必要となった場合の作業は別途費用となります。
・SSL証明書更新作業は、作業内容に含まれていません。必要な場合は別途お見積いたします。
・お客様が独自でTotara Learn、Totara Learnのカスタマイズを実施した場合、あるいはお客様独自で、Totara Learn、Totara Learnへ導入したサードパーティー製または独自開発のプラグインが存在した場合、弊社においてそれらの動作保証はいたしかねます。
・Totara Learn、Totara Learnの動作確認は、弊社標準の確認項目に従って行います。