お問い合わせ
google検索

事例紹介

長年のノウハウと新しい技術で、
専門のスタッフがさまざまなご要望にお応えしています。

日本電設工業株式会社様

eラーニングコンテンツ 制作

「確実な進行管理のおかげで、計画どおりに教材開発を進められています」

「的確に状況把握を行い、当社をリードして提出期限のリマインドを確実に行う等、マネジメントについて素晴らしいものがありました。 多くの教材を同時に制作されているため、複数のご担当者にご対応頂いておりましたが、どのご担当者も対応が素早く、詳しい説明をしなくても要求以上のものを制作して頂けて、大変感謝しております。 」 

eラーニングコンテンツ 制作

日本電設工業株式会社 様の課題

日本電設工業様では、鉄道電気工事、一般電気工事、情報通信工事の事業を北海道から九州まで全国展開をしています。従業員教育は、千葉県柏市に中央学園という教育研修施設にて実施していますが、全国にいる2,000人以上の従業員に対する教育機会の拡大や、受講履歴と人材システムとの連携などを目的に、eラーニングの導入を検討されていました。

ヒューマンサイエンスのソリューション

2010年1月にヒューマンサイエンスのWebサイト経由でeラーニングコンテンツのお問合せをいただきました。 制作予定の教材は初年度で20教材。事故再発防止、技術・技能、業務手順といった日本電設工業様独自の内容を中心に、原価管理や営業マナーなど一般的な内容まで多岐にわたります。
ヒューマンサイエンスは、「業務手順」や「事故の再発防止」などを学習するのに理解を高める「アニメーション解説型」のコンテンツを提案。通信工事コンテンツを同じ手法で作成した実績も評価頂き、8社によるコンペを経てご発注頂きました。 2010年8月から2015年12月現在まで合計78教材を作成してきました。


本事例に関連する詳しい情報は以下をご覧ください。

eラーニング・教材作成

日本電設工業株式会社 コンテンツ監修ご担当者様から

これまで「営業担当者としてのマナー」(実践マナー編)と「営業上の書類に関する常識」(実践編)の2教材(他部署もあわせると78教材)を作成していただきました。

当社の教材作成担当者は、本来の業務との掛け持ちの中、資料作成やチェック作業を実施しております。ときには、繁忙期などスケジュールどおり進行することが非常に難しい状況もありますが、ヒューマンサイエンスのご担当者は笑顔を絶やさず丁寧に対応していただくとともに、的確に状況把握を行い、当社をリードして提出期限のリマインドを確実に行う等、マネジメントについても素晴らしいものがありました。

多くの教材を同時に制作されているため、複数のご担当者にご対応頂いておりましたが、どのご担当者も対応が素早く、詳しい説明をしなくても要求以上のものを制作して頂けて、大変感謝しております。
今後も、継続して教材開発が続きますが、持ち前の明るさで引き続き当社をリードしていただくことを期待しております。

ヒューマンサイエンス担当者から

hayashi2010年度の段階では、日本電設工業様の各教材作成担当者は、eラーニングの教材開発は初めてという状況でした。そのため、各担当者様にとっての「工程と役割の明瞭化」は教材開発の一つの鍵でした。全体の工程を示し、「その工程のどのタイミングでどのような資料やデータを提出するか」、「資料をご支給いただく場合の期限はいつになるのか」、「どの期間にどの部分をご確認いただきたいか」、といった点をサンプルや他の手法を用いて明確に伝えたことが、この点で役立ったと感じています。

また、各担当者様は主要業務を持っておられる中、時間を割いて教材開発を担当されています。「担当者様の負担軽減」ももう一つの鍵です。打ち合わせを必要最小限に抑えるとともに、メールや質問表の活用によってコミュニケーション効率の向上を図りました。お客様の通常業務への影響を可能な限り軽減できたのではないかと感じています。

ヒューマンサイエンス側でも複数の担当を立てますが、どの担当者も工程管理と品質管理に高い意識を持っています。各担当が創意工夫を図り、日本電設工業様の教育事業計画に沿って教材をリリースし続けることができていることは、お客様の満足につながっていると思います。

関連サービス

eラーニング・教材作成

お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
東 京:03-5321-3111
名古屋:052-269-8016
Webでのお問い合わせ
お問い合わせ

03-5321-3111

052-269-8016

Copyright(c) 2014 Human Science Co., Ltd.
All Rights Reserved.