マニュアル分析・改善

マニュアル分析・評価・改善提案

「どうしてマニュアルがこんなにわかりにくいんだろう?」「マニュアルを改善したくても、どこから手を付けてよいのか・・」など、マニュアルについてのお悩みはありませんか?

  • マニュアルが使われない
  • ユーザーからの問い合わせが多い
  • 探したい情報を見つけにくい
  • マニュアルの効果的な改善点を知りたい
  • マニュアルがわかりにくいが、どこを直せば良いのかがわからない
  • 競合他社マニュアルとの品質を比較したい

対象マニュアルを分析・診断し、現状のマニュアルの問題を「見える化」し、具体的な改善ポイントをご提案します。

マニュアル分析・評価・改善提案の流れ

マニュアル評価・ユーザビリティ評価の流れ

    • 問合せフォーム、またはお電話でご相談ください。
    • ○現状の把握
    • ○お悩み・ご要望の確認
    • ○分析の対象範囲・観点を確認
    • ○マニュアル分析を実施
    • ○分析レポートの提出
    • ○評価・分析結果をもとに改善提案
    • ○リライト例、マニュアルサンプルの提出
    • ○マニュアル作成
      セミナー  >>詳細
    • ○内製支援コンサルティング

分析・評価・改善提案 対象のドキュメント

・操作マニュアル(取扱説明書)

・業務マニュアル

・研修テキスト

マニュアル評価

10年から20年のキャリアを持つライターが、マニュアルと実機での分析・評価を実施します。

マニュアルの内容やお客様のご要望に応じて、独自のチェック項目を作成しています。

※他社マニュアルも同時に調査し、評価結果を比較することもできます。

メリット
・マニュアルのわかりやすさ、他社のマニュアルと比較して優れている点、劣っている点などについて、客観的な評価がわかる
・現状のマニュアルの問題点を知ることで、マニュアルの効果的な改善方法がわかる
・社内で行っているマニュアル制作のスキルアップに活用できる
評価基準による評価とは

①マニュアルにユーザーが求める要件が満たされているかという観点での評価

  • ・わかりやすい
  • ・探しやすい
  • ・取り扱いやすい
  • ・役に立つ
  • ・正確である
  • ・魅力的である
  • ・ユーザー保護の配慮がある

②マニュアルの制作技術という観点での評価

  • ・内容
  • ・構成
  • ・ライティング
  • ・グラフィックス
  • ・デザイン
  • ・印刷/製本/装丁
チェックシートサンプル
チェックシートサンプルチェックシートサンプル
評価結果サンプル
評価結果サンプル評価結果サンプル
マニュアル評価事例

①対象

国内メーカー プリンター

②目的

・マニュアルの問題点を分析し、改善ポイントを洗い出す

③方法

・お客様が考える問題点をヒアリング

・チェック項目(109項目)の評価を3名で実施

・競合2社のマニュアルについても評価を実施

・3社の評価結果の数値、良い点、改善点をまとめた報告書を作成

■改善点の例

問題点改善案
ユーザーの役に立つ情報が点在し、目立たないために、活用しにくい

・専用のアイキャッチを作る

・「コラム」のような形にして目次から探せるようにする

・章末ごとに関連した情報をまとめて記載する

視覚的な訴求力が弱い

・ページレイアウトにメリハリがない

・必要な情報がどこにあるかがわかりにくい

・「字ばかりのマニュアル」という印象が強い

・レイアウトパターンを統一し、何がどこに書いているかを把握しやすくする

 (情報の種類やレベルごとに記載するスペースをパターン化する)

・マニュアルをビジュアル化する

 (ページを構成する要素(タイトル、リード文、補足)について、書式やマークを
活用する)


マニュアル安全度の分析・改善提案(IEC82079-1対応)

「製品を海外出荷したいけど、マニュアルに問題はないのだろうか?」、「CE規格に対応したマニュアルにしたいけど、どのように改善すれば良いのかわからない」など、マニュアルの安全面についてのお悩みはありませんか?

  • 製品の海外出荷を予定しているが、マニュアルに何が求められているかわからない
  • CE規格を始めとした、国際規格に対応したマニュアルに改善したい
  • 国際規格による罰則規定が厳しくなることを想定して、リスクを回避しておきたい
  • 国際規格の基本的な考え方を知りたい
  • マニュアル改善のきっかけとして、まずは安全面に問題ないかを知りたい

弊社では、お客様のマニュアルを「IEC 82079-1に適合しているか」という観点で、安全度の分析・評価を行い、具体的な改善ポイントをご提案することが可能です。


『IEC 82079-1』はマニュアルを含む使用説明の国際規格です。マニュアルを各国の国際規格に適合させるためには、まずは『IEC 82079-1』に適合させることが必要不可欠となります。


※上述の「マニュアル分析・改善サービス」と、こちらの「マニュアル安全度の分析・改善サービス」併用していただくことによって、「ユーザー目線でのわかりやすさ」と「安全度」の二つの観点から、マニュアル改善のご提案をさせていただくことも可能です。

IEC-82079-1の対象範囲

IEC-82079-1はマニュアルを含む使用説明(Instructions for use)の国際規格です。
対象範囲はマニュアルに留まらず、カタログやWeb上の情報も含まれます。

IEC-82079-1の対象範囲

分析・改善提案の流れ

分析・改善提案の流れ

①ヒアリング

・現状の把握

・分析の対象範囲・適用規格を確認


②安全度の分析

・現状のマニュアルが『IEC 82079-1』に適合しているかを評価・分析いたします。

・現状のマニュアルの課題を見える化した、分析レポートをご提出いたします。


③改善提案

・国際規格の適合や、自己宣言に向けて、具体的な改善ポイントをご提案します。

・タスクが明確になることで、お客様社内での合意形成にも役立ちます。



■期間

約1ヵ月から~


■費用の目安

約40万円から~


■成果物

マニュアル分析、改善レポート(20ページ~)

サンプル
サンプルp7サンプルp8

サンプルp9サンプルp10

■備考

上述の「マニュアル分析・改善サービス」と併用していただくと、
分析費用の割引も可能となりますので、まずはお気軽にご相談ください。



マニュアル作成について詳しく知りたい方

東京:03-5321-3111 名古屋:052-269-8016

受付時間 9:30~18:15