DITAの英語・多言語展開

DITAの英語・多言語展開

欧米ですでに幅広く普及しているDITA。各社メーカーは膨大で更新頻度の高いマニュアル・ドキュメントを効率よく作成・管理するためにDITAを活用しています。
国内メーカーでもDITAを取り入れる企業・検討する企業が徐々に増えてきており、今後の主流になると考えられます。
ヒューマンサイエンスはDITAプレーヤーとしてDITAコンソーシアムジャパンに参加し、DITAの普及活動およびDITAに対応した専門サービスを提供しています。

DITAとは

Darwin Information Typing Architecture の略。OASIS(構造化情報標準促進協会)が策定する、情報の制作、管理、活用のための、XMLに準拠したアーキテクチャです。

ドキュメントを4, 5 センテンス単位のユニットに分割し、コンポーネントとして総合的に維持管理することが特徴で、異なるコンテキストで情報を再利用でき、さまざまなフォーマット(PDF、HMTL)での出力に対応しています。

ソリューションプロセス

1985年の創業時から培ってきたドキュメント・マニュアルの制作ノウハウをベースに、
システムを活用した効率的な大量文書の管理・運用・保守フローをご提案いたします。

導入前コンサル
  • ヒアリング(お客様のお悩み・ご要望の確認)

    • ・ドキュメント管理・運用上状況の調査
    • ・マニュアル・ドキュメントの構造分析、評価
設計
  • 設計・要件定義

    • ・マニュアル・ドキュメント設計、ドキュメント構成、デザイン・レイアウト、構造、情報整理 など
    • ・システム(CMS)設計
開発
  • 開発

    • ・システム(CMS)開発
導入支援
  • ・導入前教育
  • ・運用
  • ・サポート


導入時から運用時までお客様のご要望に合わせて制作もご提案いたします。

ヒューマンサイエンスが提供するDITAサービス

ヒューマンサイエンスのDITA

ヒューマンサイエンスが提案する英語・多言語展開のドキュメント管理

従来のマニュアル作成に使用されていたFrameMakerやInDesign、Wordの場合は、1冊のブック全体が翻訳・編集対象でした。
一方、DITAでは、ドキュメントを4、5センテンス単位のユニットに分割したコンポーネントとして管理します。そのため、改版時は新規追加、または更新した箇所だけが翻訳対象となるため、翻訳コスト・工数を削減できます。

翻訳コスト(Repetition部分)の
コストダウン
通常の文書では、翻訳支援ソフトを使ってもRepetition(※)部分は翻訳費用の10%程度の費用が発生します。しかしユニット単位で独立管理するDITAでは、パラグラフ単位でのRepetition費用が発生しません。
※同じ個所が繰り返し出現する場合、センテンス単位で再利用をすることができます。
作業サイクルの短縮
ユニット単位で翻訳を行うことにより、小さな単位で継続してお客様に訳文をご確認いただけます。一度に大量の文書をチェックしていただく必要はありません。「時間がなくて十分にチェックできない」という問題が解消されます。
安定した作業フロー
DITAで使用されるXML規格は、コンピュータ環境に左右されません。Wordなどでは環境によってファイルの見え方が異なるという問題があり、翻訳会社とお客様間での調整を行うケースがしばしば発生します。一方でDITAは環境に依存せず、翻訳支援ソフトを通して処理する際もレイアウトなどに影響しないため、翻訳の前後工程での工数を圧倒的に削減できます。
DTPの自動化によるコスト削減
DITAでは、一つのソースから、複数の媒体(PDF/HTML/CHM/ePubなど)のドキュメントを自動生成できます。そのため、今までそれぞれの媒体で行っていた編集・オーサリング作業が不要となります。
特に多言語プロジェクトの場合は、言語の数だけ要していた編集・オーサリングのコスト・工数を大幅に削減できます。

DITAコンソーシアムジャパンについて

ヒューマンサイエンスは、DITAプレーヤーとして、DITAコンソーシアムジャパンに参加し、DITAの普及活動やDITAに対応したサービスの提供を行っています。

DITAコンソーシアムジャパンは、日本にDITAを普及し、DITAのノウハウの蓄積をはかり、さらに国際的にDITAに関する発言・発信を行うことを通じて、企業におけるコンテンツ制作のリエンジニアを主導し、日本の産業界に貢献していく主旨で設立された団体です。
DITAコンソーシアムジャパンについては、下記サイトをご覧ください。
http://dita-jp.org/