工夫その5 ページ数を削減して、コストダウンしたい

工夫その5 省ページ化


ページを減らして、コスト削減とユーザ満足度を実現?

マニュアルの費用対効果に
お悩みですか。

マニュアルに対するユーザー満足度の低下と、改版ごとに発生する印刷費の負担の悩みを解消します

既存のマニュアルをもう一度
見直してみましょう

ページ削減の鍵は、目次構成と表現設計の見直しです。



ページを削減する2つの観点とは?

ムダを省いだ目次案作り…重複した記載は削り、近い内容のものはまとめて記載します。
メリハリの利いた表現設計…情報量の少ないページと多いページを作り、重要度の低い情報は情報量の多いページにまとめることでレイアウトに変化を付けます。

基本は、シンプル
ライティングです

冗長な文章を簡潔な短い文章にできます。

現状 正しく充電したにもかかわらず、著しく使用できる時間が短くなったときは、寿命と考えられます。
リライト案 充電しても短い時間しか使用できなくなったら、寿命だと考えられます
現状 チャージャーは海外でも使うことができます。
リライト案 チャージャーは海外でも使えます。

英語など、他の言語へ翻訳する場合、文字数が少なくなることによるコストダウンが可能となります。
また、表現ゆれの防止、誤訳回避など、品質の向上にもつながります。

関連トピック