工夫その4 社内の制作体制の負担を軽減したい

工夫その4 社内負荷を減らすには?


社内の制作体制の負担を軽減したい

原因の考察

現状のマニュアル作成の体制にお困りではありませんか。

目指すべき姿とは?

社内の制作担当の目指すべき姿について、ヒューマンサイエンスはこう考えます。

制作担当がマニュアルの品質改善に注力し、営業が営業活動に専念できるようにすることで、マニュアル品質の向上やコスト削減が見込まれます。

アウトソーシングによるメリット

プロセス業務をアウトソースすることで、コア業務に一層注力でき、業務のバランスが図れます。

コア業務とプロセス業務のバランスが、アウトソーシング前とアウトソーシング後で大きく変化したことが分かります。
ヒューマンサイエンスは、マニュアルの請負作成、ライター・翻訳コーディネーターの常駐・派遣サービスで、お客様のマニュアル作成をサポートいたします。 人材派遣サービスについてはこちらをご覧ください。

関連トピック